『尻との決別』 - 福島ライド Prologue

「ツールド東北」にエントリーしよう、とSZが言い出したのが2016年5月。 あわや嘔吐というくらいボリューミーな炊き出し、意外とキツイ海岸線道路、そして道端ジェシカカレン*1の尻を漫喫したのが、2013年の第一回大会。 あの尻をもう一度というSZの熱意を汲み、シューカツのエントリーシートさながらの応募フォームから、…