読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刮目せよ 3

自転車とカメラを楽しみます。

ライド記録 - カフェ「チムニー」偵察、こっそり堂参拝、入間川CR

2016/04/29(金) - 川島カフェ「チムニー」偵察

埼玉県内、川越以北のシヴィライゼーションされていないエリアに、ぽつぽつとある個人経営のカフェをめぐるのが楽しい。
たいていはクルマでふんぞり返りながら行き、コーヒーと甘味を貪ってふんぞり返り、またふんぞり返りながらクルマで帰ってくる。

 

のだけれど、この日は下見ということで、自転車で。

 

あたりをつけて適当に走り、Googleマップで詳細なルートを確認、無事発見。
川島町のカフェ「チムニー」。

tabelog.com

 

twitter.com

 

このオシャレな古民家カフェを覗き込んでみると、窓ガラスに映った全身タイツ男がやたらキモかったのでさっさと退散。

 

圏央道の橋桁の威圧感に見とれた。

https://www.instagram.com/p/BFjI62dJ2vk/

Instagram

 

肌寒くなってきて我に返ったので、さっさと帰宅。 

SDカードには同じような写真が8枚ほど記録されていた。

 

サイコンのデータ
走行距離: 23.5km
平均速度: 23.8km/h
走行時間: 59min

 

この翌々日あたりから猛烈な高熱が出て寝込む。


2016/05/15(日) - こっそり堂(熊谷)参拝

体調がいくぶん回復してきたので、様子見のライド。
まあ荒川かな、ということで入間大橋から荒川CRへIN。

 

単独・平地・無風であっても、メーター読み27~28km/hくらいが、息が上がらず維持できる限界。
「これくらいの坂、ダンシングで一気に駆け抜けてしまえば再加速する必要もないな」という以前の感覚で坂に突っ込むと、あっという間に力尽きて笑える。

 

吉見の桜堤で小休止。

 

https://www.instagram.com/p/BFaZFuoJ2py/

Instagram

 

 

特に目的地があったわけではないのだけれど、導かれるようにこっそり堂へ。

 

説明しよう。こっそり堂というのはエロ自販機のつめ込まれた掘っ立て小屋のことで、北は岩手県、南は鹿児島県まで存在が確認されている。だが、運営元などいまいち不明。

 

sites.google.com

本当に公式なのか…

 

到着すると、はたして春の祭礼の最中であった。

 

 

https://www.instagram.com/p/BFaZ7EiJ2rZ/

Instagram

 

脱帽して拝観。手持ちがなかったのでお布施は無し。

せめてもの礼として、最敬礼し再出発。

 

そのうち清澄坂の方のこっそり堂も参拝しないとなあ。

いずれお遍路よろしく全国のこっそり堂を制覇するというのもいいな。

 


国道407のセブンイレブンで休憩。もらいもののマフィンを頬張る。

パッサパサで息が詰まるが、コーヒーで流し込む。

https://www.instagram.com/p/BFjEqskp2md/

Instagram


国道407でクルマにビュンビュンぶち抜かれながら必死に南下。

てきとうなタイミングで左折して帰宅。

 

Stravaのデータ
走行距離: 48.9km
平均速度: 25.1km/h
走行時間: 1h57m

 


2016/05/16(月) - 入間川CRで川越市を半周

夕方から、短時間でも乗ればいいんだろ精神でスタート。
サクソバンクのレプリカジャージで、若さゆえのコスプレ状態。

 

荒川CRは荒涼としすぎていて心まで荒むので、比較的文明から隔たれていない入間川CRを走ることにする。
入間大橋からIN、のつもりが、工事のためちょっと迂回。工業団地を抜け、土手を駆け上がり、CRへ。

 

途中、日が落ちてドラマチックな光になってきたころ、いい感じの広場を見つけたので、すかさず撮影。


コンデジ(Sony TX5)を忘れたので、スマホ(Sony Xperia Z4)で。

 

My bike

DSC_0023

Sony SOV31 (Xperia Z4)
ƒ/2.0 4.6 mm 1/320 ISO50 Flash off, did not fire 

 

思いのほかいい感じに撮れているので驚いた。
1/2.3型センサーにG銘の単焦点レンズだから、生半可なコンデジよりも写るわけだ。

 

play.google.com

このアプリの有料版を使っているのだけれど、すこぶる良い。

一眼カメラの操作性をそのままスマホで実現しました、という感じ。

 

-2EVで撮影。

夕暮れっぽい雰囲気が出るように、WBを調整した。

 

川越橋の先(南側)の荒れたアスファルトを、春のクラシックでパヴェを激走する気分で駆け抜けると、初雁橋に到着。
川越市の北側半分をぐるっと周ってきた算段になる。ほどよく疲れたので市内を横断して帰宅。

 

Stravaのデータ
走行距離: 20.4km
平均速度: 24.2km/h
走行時間: 50min

 

帰宅してボトルを洗っていると、ノズル部分が黒カビまみれなのを発見。
気が狂ったように洗いまくった。