読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刮目せよ 3

自転車とカメラを楽しみます。

ライド記録 - 友人Sと清澄坂・物見山

2016/5/21 - 清澄坂と物見山

 

友人Sを誘ってのリハビリライド。

 

彼はアイアンマン(スイム3.8km・バイク180km・ラン42.195km)を完走したトライアスリート。

 

僕と比べるとほっそりした体型で、陸上の長距離走をやっていたこともあり、イーブンペースで回し続けるのが得意という印象。

下ハン持ってケツ上げてスプリント、みたいな野蛮な真似(僕は大好き)はしない。

とりわけ長い登りでもタレずに淡々とペースを維持するあたり、心肺の鍛え方が違うんだろうな、と恨めしく思いながらちぎられること多数。

 

 

彼は「1月から乗ってない」とのたまうし、僕もかなりヘボくなってるので、あくまでのんびりリハビリライドだと約束して、合流地点の上福岡駅を出発。

 

辺鄙な場所に1軒だけある、廃墟みたいなラブホ(ホテル・サンリバー)が変わっていないことを一緒に確認。

心の安らぎを得たところで、治水橋から荒川CRへIN。

 

ホテル サンリバー

 

ここらで前を交代し、後ろに着かせてもらうと、自動車用の液体ワックスで磨いたという彼のフレームがやたら眩しい。

染み出しやら未舗装の農道やらに突っ込みまくってる僕のバイクとは大違いである。

 

 

ゆるい向かい風を感じながらも、28-30km/hくらいの良いペース(当社比)で北上。

 

途中、やたら早いソロの人に抜かれる。

その人は丁寧に後続に向かってハンドサインを繰り出しているが、それを見る我々はすでにはるか後方。

心遣いは嬉しいが、こちらの脚力を買いかぶりすぎである。

 

 

圏央道下で荒川CRをOUT。

意味もなくスプリントごっこを(一人で)して体力を消耗したりして、戸守ローソンで休憩。

 

ひとしきりダラっとして、清澄坂を目指して再出発。

清澄坂手前の開けた直線で、エアロバーを付けたSに先頭を変わってもらう。

後ろについた僕は脚をためさせてもらって坂でアタック、するつもりはハナからなく、むしろ坂に入ったらすかさずちぎれるのでよろしく宣言。

Sのアシストをドブに捨てる。

 

こっそり堂神戸(ごうど)店を横目に見てパシャリと撮影しつつ、そのまま清澄坂に突入。

sites.google.com

 

熊谷の大里店だけじゃなく、こちらでも春のパンツ祭り が絶賛開催中の模様。

 

 

登り始めると、もう数十mでめちゃくちゃキツイ。

 

が、この程度の坂でそれを悟られると猛烈にダサいので、いかにも「最初からここで頑張るつもりはありません。かるーく流してるだけです」風を装う。

 

これをするときのコツは、

 - 上体を起こすこと(伏せているとキツそうに見える)

 - 上体を固定すること(ペダリングのたびに上体がブレると疲労がキテるように見える)

 - ハンドルをまっすぐ保つこと(左右に蛇行していると死にかけてる初心者に見える)

 - 必要以上に軽いギアを使うこと(くるくる回しまくることで、キレイなペダリングの練習・脚のストレッチをしているように見える)

 - たまに体重任せのリラックスしたダンシングを織り交ぜること(あくまで省エネ走行・全身のストレッチをしているように見える)

 - 横を向き、遠くを見ている目をすること(カツカツに走り込んでいるのではなく、景色を楽しむ余裕があるように見える)

 

余裕あるふりをしながら息も絶え絶えで清澄坂をクリア。

 

 

下った先の交差点を左折、ちょっと先に進んでまた左折。

復路は鳩山の三段坂と物見山を通ることに。

 

なんかもう辛いし、意識をカットオフしていて、いつの間にかクリア。

三段坂の途中、『魔女の宅急便』のグーチョキパン店を再現した店を目撃した気がしないでもない。

 

tabelog.com

あった。

 

物見山を下り、県道212号の新しく開通した方を通り、早俣橋で往路のルートに復帰。

 

疲れから、空力とか気にする余裕もなく、ヒジを突っ張ってかろうじて上体を支えながら走る僕。

 

 

戸守ローソンは通過して、川島のセブンイレブンで休憩。

 

のつもりが、セブンイレブン手前でじゃんじゃか炎上する民家に遭遇。

1階部分から出火しているぞ、と思っていると、ものの数分で全体に火がまわり全焼。

 

諸行無常、盛者必衰、形あるものいずれ滅びるの真理を目の当たりにして、やるせない気持ちになりながらも休憩。

荒川CRへは戻らず、川越市内を縦断するようにして南下。

てきとうなところでSと別れる。

 

なんとも言えないモヤッとした気持ちを振り払うべく、田んぼの間の未舗装な農道を突っ切ったりして帰宅。

 

My bike

DSC02047

Sony DSC-TX5
ƒ/4.5 4.4 mm 1/400 ISO125 Flash off, did not fire 

 

走行距離: 85.8km

平均速度: 25.3km/h

走行時間: 3h32m