刮目せよ 3

自転車とカメラを楽しみます。

ライド記録 - 有間峠で高校生を大人気なくちぎる

2016年7月18日

 

名栗路は個人的にもっとも好きなルートの一つだ。

 

どんどん渓流チックになる入間川沿いは涼しげで気持ちがいいし、コンビニ、個人商店、カフェ、公衆トイレが充実していて補給や休憩で困ることもない。巨大な観音像が直立する謎の宗教施設からの波動で力がみなぎってくる。

 

突き当りまで行って山伏峠を上るのもいい。4kmという程よい長さとそこそこの斜度は、ヒルクライム初心者にも大いにおすすめできる。
そこまでの気合がなくとも、名栗湖の短い急坂だけでも達成感は味わえる。
激坂ジャンキーなら子ノ権現に突撃してもいい。

そして、埼玉でもっともハードなヒルクライムをしたいなら、有間峠という選択肢もある。


名栗路の一本となり、という選択肢

多くの人は飯能駅前からK70に直行するだろうけれど、入間川を挟んで並走する迂回路をオススメ。

 

 

飯能駅前ロータリーから住宅街を抜け、飯能河原でBBQするリア充を割岩橋から見下ろしつつ、クルマの少ない道をK70と並走する。

 

https://www.instagram.com/p/BH_qZ-fADQ8/

Instagram

 

https://www.instagram.com/p/BH_q9lxg79Z/

Instagram


森牛乳・加藤牧場直売センターでジェラートを食べてもいい。

取水堰のあたりで右折してK70に復帰すれば、最終コンビニのセブンイレブン飯能原市場店やCafe KIKIをスルーすることもない。

 


有間峠に突入

 

 

名栗湖からさらに奥へ走って行くと、カヌー工房、管理釣り場がある。

「あくまで林道だから、落石とかでトラブルあっても知らないよ」的な看板を脇目に見つつ、ヒルクライムのスタート。


最初からかなりの勾配で、全長10kmということを考えると絶望する。

早々に、無心の境地に入る「解脱走法」へ移行する。脳と脚をカットする「ゾンビ走法」とも称する。


埼玉の峠はだいたい標高が低く、登りはじめには民家もちらほら、ということが多い。
が、有間峠はゲートを超えた瞬間から秘境感がかなりある。

人の少ない方へとどんどん奥へ入ってきて川遊びをする家族連れは直にいなくなり、林道マニアのジムニーとセローをたまに見かけるくらい。

 

5~6kmをすぎるとやっと勾配はゆるくなる。
最後の3kmはアップダウンの連続なので、序盤の急勾配と比べると休みがある分、楽になる。
が、タイムアタックをするとなるとむしろキツイはず。


5kmを過ぎたあたりで、押し歩きをする高校生3人組に追いつく。
あと4kmくらいだから頑張ろう、と声をかけて抜かすと、比較的走れるであろう1人がすかさず乗車して追いついてくる。この若さよ!

 

彼らの視界の範囲内だけはやせ我慢してカッコよく走り、見えなくなった頃合いを見てタレる、という目論見は破壊された。

 

急坂を蛇行して凌いだり(クルマやバイクの接近はかなり早い段階から音でわかる)、ストレッチがてら頑張らないダンシングを織り交ぜたりして、無様な走りをしないように耐え忍ぶ。


eTrexが頂上までの残り距離を教えてくれるので、徐々にペースアップ。
特に、ブラインドコーナーで、彼からこちらの背中が見えていないであろう間に踏む。
コーナー後のストレートで、一気に差が開いたことに愕然とし、彼はもはや追いかけるのを断念するであろうと見込んでのこと。

 

こうして文字に起こすと我ながらセコすぎる。


息も絶え絶えになりながら、追いすがる高校生を完全に突き放してゴール。


体温でホットになったおにぎりを食べ、一息ついて折り返し。ダウンヒル。

 

ほどなく、ちぎった高校生とすれ違う。完全に疲弊して押し歩きしていた。
「ゴールそこっすか!?」と必死の形相だったので、きっと追走は彼にとってオーバーペースだったのだろう。若い…

すぐに残りの二人ともすれ違う。乗車してわりと元気そうに登ってくる。
「あと1kmくらいだから頑張って!」と声をかけると「アッシャアっす!」と謎の声が帰ってくる。

 

こういう向こう見ずな冒険心って、自転車の原初的な楽しさを大いに支えるものだよなと確認した次第。

 

名栗湖をグルっとまわって、謎の壁画を眺めて帰宅。

https://www.instagram.com/p/BH_rTMiA-Pm/

Instagram


この壁画、以前はボロボロに剥がれていた。
いつの間にかキレイに塗り直され、「名栗武州世直し一揆」と題され、やっと意味がわかった。
なんで全裸なのかは不明。

 

走行距離: 113km

 

 有間峠総評

初めて走ってみた感想としては、有間峠はアドベンチャー感の強い峠。

比較的リスキーな場所で、タイムアタックのメッカにはならないだろう。

 

全長9.3kmで勾配8%というスペックだが、後半がゆるい分、前半がかなりキツイ。

が、前半5kmをクリアすれば頂上までは楽に行ける。

 

エッジの立った落石が多いので、パンクリスクは高い。今回パンクこそなかったが、タイヤには無数のキズが入った。

 

補給スポットは皆無。名栗湖の下の売店か、名栗湖の事務所にある自販機で十分な補給をしてから臨みたい。